特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)


介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)とは

特別養護老人ホームとは、厚生労働省が定める老人福祉法に基づき運営されている老人福祉施設のひとつです。
運営主体は社会福祉法人に限定されており、介護保険制度のもと全国の都道府県知事の許認可を得て運営されております。
特別養護老人ホームでは、施設介護サービス計画に基づいて、ご利用者がその有する能力に応じ、可能な限り自立した日常生活を営むことができるように様々な介護サービスが提供されます。

1.入浴、排泄、食事、日常生活上必要なケア

2.機能訓練ケア

3.健康管理

4.療養上のケア

特養食堂

画像:特養食堂のイメージ

居室

画像:居室のイメージ
画像:居室のイメージ

お風呂

画像:お風呂(一般浴槽)のイメージ
画像:お風呂(一般浴槽)のイメージ
画像:お風呂(一般浴槽)のイメージ
画像:お風呂(一般浴槽)のイメージ

浴室のリフトが新しくなりました。大きな浴室で気持ちのいいひと時をお過ごしください。

ご利用について

どんな人が利用できるの?

要介護認定で「要介護3から要介護5」に該当し、かつ認知症を含む心身の障害等により、常時介護が必要とされ、さまざまな事情により在宅での介護が困難な方が対象となります。
※「要介護1から要介護2」の認定の方に関しては、特例入所要件に該当すれば入所することが可能です。

介護保険給付サービス

  • 入浴
  • 排泄
  • 機能訓練
  • 健康管理
  • 日常生活においての自立支援
  • 相談及び援助
  • 社会生活上の便宜の供与等

介護保険給付以外のサービス

  • 特別な食事(お酒等も含みます)
  • 理容・美容費用
  • 貴重品等の管理
  • 外部購入費(個人購入費)
  • 複写物の交付
  • 移送に係る費用
  • 行事参加費(希望者)

施設見学・面会可能時間は?

  • 面会時間は10:00から18:00までご利用可能です。

利用者の生活上お待ちいただく場合がございます。事前にご連絡下さい。

  • 施設見学につきましては、いつでも受付しております。お問い合わせください。

利用についてのご相談は・・・

担当介護支援専門員(ケアマネジャー)にご相談下さい。
担当介護支援専門員(ケアマネジャー)がいない場合。直接施設にお問い合わせ下さい。

>>お問合せフォーム

入所申込手続きについて

特別養護老人ホームの入所は、茨城県特別養護老人ホーム入所指針に基づき、利用者の状態や介護者(家族等)の状況から総合的に判断し、入所希望者の施設サービスを受ける必要性により、優先的に入所できる仕組みになっております。入所決定過程において透明性、公平性を確保し、円滑に入所決定が行えるように、入所検討委員会の設置及び委員会会議の開催により、施設の特性等を考慮したうえで入所評価基準に則った適正な審議により入所決定させていただきます。

入所申込書について

「特別養護老人ホーム入所申込書」をご記入のうえ、当施設にご提出下さい。申込書には、被保険者証写し、介護保険サービス利用票及び別表(直近3か月分)の添付をお願いします。原則として、入所希望者又はご家族と面接をしたうえで、申し込みをお受けします。

「特別養護老人ホーム プルミエールひたち野入所申込書」

入所までの流れ

STEP1電話等でお約束

入所申込み・お会いする日時等を決定します。

STEP2面接・入所申込手続き
入所申込書の内容に関して、生活状況及び既往歴等面接させていただきます。
*入所申込書は、ホームページより事前に申込書をダウンロードしご記入頂いたものをお持ちいただくか、施設お越しいただいた際に、ご記入しご提出下さい。

STEP3入所検討委員会による審議

ご提出頂いている入所申込の情報を基に入所検討委員会会議にて審議します。


STEP4入所決定・入所準備

委員会会議で入所決定後、ご利用者又はご家族へご連絡させて頂きます。ご入所の準備として、入所契約日、入所日や送迎等をご相談させていただきます。


STEP5入所契約・受入れ

入所契約後、受け入れさせていただきます。

料金

令和3年4月以降

例:介護保険負担割合証(1割)
※各市町村から発行される介護保険負担割合証による負担割合をご確認下さい。

介護度
要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5 第1段階 第2段階 第3段階
基本料金
573円
641円
712円
780円
847円
介護基本料金
②看護体制加算Ⅰ
4円 4円
③夜勤職員配置加算Ⅰ
13円 13円
栄養マネジメント強化加算
11円 11円
⑤個別機能訓練加算
12円 12円
⑦日常生活継続支援加算
36円 36円
⑧食費
1,450円
(内訳:朝食350円、昼食600円、夕食500円)
300円
(1日)
390円
(1日)
650円
(1日)
⑨居住費
855円 370円

1日の負担額合計

(①~⑨合計)

2,954円
3,022円3,093円
3,161円
3,228円
30日の負担額合計
(①~⑨合計)
88,620円
90,660円
92,790円
94,830円
96,840円

その他加算による料金

介護職員処遇改善加算Ⅰ利用総単位数(①~⑦合計)の8.3%
介護職員等特定処遇改善加算Ⅰ利用総単位数(①~⑦合計)の2.7%

介護負担限度額認定証をお持ちの方につきましては、補足給付対象となります。

下記については対象者のみ上記「サービス費」に加算されます(1日あたり)

①外泊入院時加算 病院又は診療所に入院又は居宅における外泊を認めた場合
246円/日
1ヵ月に6日間を限度

②初期加算 入所日から起算して30日以内の期間に加算されます 30円/日(30日間)
③療養食加算 医師の指示に基づき療養食を提供した場合 6円/回
排せつ支援加算 排せつに介護を要する要介護状態の軽減見込みについて、医師と連携した看護師が施設利用開始時等に評価し、関連職種と共同して、排泄に介護を要する原因を分析し、それに基づいた支援計画を作成、支援計画に基づく支援を継続して実施している場合
(Ⅱ)上記内容に加え、排尿又は排便どちらかの状態が改善された場合
(Ⅲ)上記内容に加え、排尿排便いずれも状態が改善された場合

(Ⅰ)10円/月1回
(Ⅱ)15円/月1回
(Ⅲ)20円/月1回

⑤褥瘡マネジメント加算 褥瘡の発生と関連のあるリスクについて、利用開始時等に評価し褥瘡管理の適切かつ有効な実施のための必要な情報を活用する。
褥瘡の発生するリスクがある場合、関連職種が共同して褥瘡ケア計画を作成。計画書に基づき褥瘡管理を実施した場合
(Ⅱ)上記内容に加え、評価結果で褥瘡の発生がない場合

(Ⅰ)3円/月1回
(Ⅱ)13円/月1回

⑥看取り加算 医師が回復の見込みがないと判断した入所者に対して、人生の最期の時までその人らしさを維持できるように、利用者や家族の意思を尊重して医師、看護師、その他職種が連携を保ちながら、看取りに関する指針に基づき、看取り向けた体制によりケアを実施した場合。
(1)死亡日以前31日以上45日以下
(2)死亡日以前4日以上30日以下
(3)死亡日の前日及び前々日
(4)死亡日

(1)72円/日

(2)144円/日  

(3)680円/日

(4)1,280円/日

自立支援促進加算 医師が入所者ごとに、自立支援に係る医学的評価を実施し、自立支援促進の対応が必要であるとされた利用者ごとに、関連職種が共同し、自立支援に係る支援計画を策定し計画に従ったケアを実施している場合。

300円/月1回

⑧科学的介護推進体制加算 ADL値、栄養状態、口腔機能、認知症の状況、心身の状況等に係る基本的な情報その他サービスを適切かつ有効に提供するために必要な情報を活用し、厚生労働省に提出、必要に応じて施設サービス計画の見直しを行っている場合。
(Ⅱ)上記内容に加え、疾病の状況等が情報を厚生労働省に提出した場合

(1)40/月1回

(2)50/月1回

⑨若年性認知症入所者受入加算 若年性認知症利用者に対して、当該利用者の特性やニーズに応じたサービスを提供します。

120円/月1回

⑩口腔衛生管理加算 歯科医師等による口腔ケアの実施及び介護職員に対し、口腔に関する相談、技術的助言及び指導に基づき、口腔衛生等の管理に係る計画書を作成されている場合

90円/月1回

⑪安全対策体制加算 安全対策担当者の配置及び、安全管理部門の設置、組織的に安全対策を実施する体制が整備されている場合

20円/1回

入所初日に限り1回

その他のご利用料金について

①貴重品の管理及び日常生活費支払い代行費用 貴重品等の管理、日常生活費支払い等を代行します 2,000円/月
②理容・美容サービス 専門業者による理容・美容サービスを実施致します
自費
③移送に係る費用 かすみがうら市内及び病院受診等の送迎を行います
他の地域及び協力病院以外の送迎については㎞計算となります

500円/片道

100円/1㎞

④行事参加費 行事等の参加に係る費用(参加希望者のみ)
各行事毎にご案内させて頂きます
実費相当額
⑤電気機器使用料 個人のテレビ、冷蔵庫、電気毛布等の電気機器を使用した場合 500円/1品