居宅介護支援事業所

業務内容

要介護認定を受けた方が自宅で生活する為に、必要な介護計画を立案し、希望する介護サービス提供事業者と話し合いながら、サービス利用開始を支援します。
また、市町村窓口へ介護保険に係る申請書類の提出代行も行います。

利用の流れ

住所地の市町村窓口へ要介護認定を申請し、要介護認定を受けます。

要介護認定が要介護1~5の場合

市町村発行の一覧から居宅介護支援事業者を選定し連絡をします。

選定した事業者に、要介護度や希望に応じた介護サービスの相談を行います。

事業者が介護計画を作成し、希望する介護サービスとの連絡調整・話し合いを行います。
介護計画に同意されたら、サービスの利用開始となります。

※相談や計画書の立案に費用はかかりません。

在宅サービスの種類

自宅に訪問:訪問介護、訪問入浴、訪問看護、訪問リハビリテーション他
施設に通う:通所介護、通所リハビリテーション
短期間施設に泊まる:短期入所生活介護、短期入所療養介護
福祉用具貸与(介護度により利用できない貸与品があります。)
特定福祉用具購入(年度内10万円を上限に負担割合に応じた支給、対象は5種に限定)
住宅改修(工事費用合計20万円を上限に負担割合に応じた支給、原則1回限り)

※主な営業範囲はかすみがうら市内です。